ホーム>> 機械的処理

機械的処理

ほとんどの現代の機械でフライス加工、旋盤加工、ソーイング、曲げ、溶接

機械での作業

最新の技術を保つ機械および設備が、ローデ社の作業および製造分野を特徴付けています。機械での製造までのフレーム処理は3~5シャフトのある作業センターで行われ、今日では切削、旋盤、研削、曲げ、溶接などと同様、ローデ社の標準プログラムに組み込まれ、最新の機械が使用されています。

独自の膨大な表面技術プログラムにより、機械部品を完成させることが可能となり、また高品質な小規模および大規模シリーズの製造も、適性市場価格で提供することが可能となっています。

最大処理数

最大作業規模
切削
移動距離: X= 1800 mm
Y=   500 mm
Z=   350 mm
旋盤
加工径 ø 42 mm
研削
フレーム長さ: 6000 mm
切削幅: 250 mm
曲げ
材料厚: ø 40 mm
溶接
アルミ、鋼、特殊鋼
組立て
最終完成品まで

 

 

接触

Rohde AG

Industriestrasse 9
D - 37176 Nörten-Hardenberg

Tel.: +49 (0) 5503 9860-0
Fax: +49 (0) 5503 9860-11 
 
info@rohde-technics.com